資産運用関係のことを書いていこうと思いますが、時々他のことも書こうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸事情により、一時的に削除
スポンサーサイト
諸事情により、一時的に削除
 9月30日に2007年7月の参院選での「1票の格差」の判決がありました。
 判決内容は、「合憲」でした。

 下記の「15裁判官の意見」は次回の衆議院選挙での「国民審査」の時の参考にして下さい。

 管理人も次回の衆議院選挙での「国民審査」の時に、下記の方の名前があれば、「×」を付けるかどうかの参考にしようと思います。

      15裁判官の意見(下記URL参照)
                今回  06年
◎竹崎博允 (裁判官)   ○   -
 藤田宙靖 (学者)     ○   ○
 甲斐中辰夫(検察官)   ○   ○
 今井功  (裁判官)    ○   ○
 中川了滋 (弁護士)    ×   ×
 堀籠幸男 (裁判官)    ○   ○
 古田佑紀 (検察官)    ○   ○
 那須弘平 (弁護士)    ×   ○
 涌井紀夫 (裁判官)    ○   -
 田原睦夫 (弁護士)    ×   -
 近藤崇晴 (裁判官)    ×   -
 宮川光治 (弁護士)    ×   -
 桜井龍子 (行政官)    ○   -
 竹内行夫 (行政官)    ○   -
 金築誠志 (裁判官)    ○   -

 ○は合憲、×は違憲。-は06年判決後に就任。かっこ内は出身、◎は裁判長



参考
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091001ddm001040006000c.html
諸事情により、一時的に削除
 定額給付金の法律案が不成立になる可能性があります。

 法律案の場合、参議院で否決等をされても憲法59条によって衆議院で3分の2以上の多数で再可決すれば法律となりますが、現在の衆議院の議員構成から考えると与党から17人が造反すれば可決されません。
 そして政界再編の動きが現在ある様ですので、否決される可能性があると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。